一軒家やアパート、マンションは統一感のあるコーディネートが吉

部屋のインテリア、どう考える?~一軒家とアパート&マンション

部屋のインテリアの考え方

 

アパートやマンションのひとが「インテリア」を考える場合、統一感を出した方がうまくいきます。
もちろん、あえて統一感を出さず、好きなものを詰め込むのも一つの手ではあります。

 

実際、非常にセンスのいいひとは、ものが多くて、しかもいろんなテイストを詰め込んでいても、「うわっ、おっしゃれー!!」となるようなインテリアを作り上げることができます。

 

でも、これはいかにも上級者のやり方。。

 

普通のひとにはなかなかできませんよね。
そこで有効なのが、上であげた「統一感を出す方法」です。

 

洋風なら洋風に、カントリー風ならカントリー風に、シンプルモダンならシンプルモダンに、という感じで、ばらつきを防ぎます。

 

一軒家の場合は、「部屋を独立させる」という考え方でも

 

しかし一軒家の場合、必ずしもこの考えがいいとは言えません。

 

顕著なのが「和室」でしょう。

 

リビングは椅子&テーブル、そしてシャンデリアで仕上げていたとしましょう。
これはこれで素晴らしいのですが、このテイストをそのまま和室に持っていくと、なかなかあわせるのが大変ですよね。

 

そのため、一軒家では「部屋を独立させる」という考え方を持ってもいいと思います。

 

特に、部屋の扉を開けっぱなしにしないライフスタイルであるのなら、これがいいでしょう。
扉が一枚しまっているだけで、そこは「別空間」のイメージが強くなりますからね。