インテリアを活かす照明器具の使い方

照明は、インテリアを大きく左右する

照明器具の重要性

「照明器具」というのは、なかなか面白いものです。「あかりをとるため」という、きわめて実用的な用途とともに、「家具の一部として、部屋を彩る」という用途もあるからです。特にリビングなどは、照明ひとつで、大きく印象がかわることでしょう。

 

私は、どうしても気に入った照明がほしかったため、海外製品でオーダーで作ってもらいました、郵送費用などをあわせると、合計で30万円近くかかりましたが、自分の理想通りのものがとどいてとても満足しています。

 

照明器具の選び方

 

インテリアショップに足を運んでも、思うような照明に巡り合えないこともあります。
「照明」というものの取扱い量や種類は、あらゆる家具の中でも、店によってもっとも幅があるものの一つでしょう。

 

もちろんこれはあくまで私の個人的な感想ではありますが、店構えが大きくても、必ずしも照明の数は多くない、ということもたくさんあります。

 

カタログなどで選ぶのもいいのですが、「実際にあかりがついているところを見たい」ということであれば、やはりお店に直接行く方がいいでしょう。

 

ただ、インテリアショップの照明は、かなりお値段がお高いです。
そのため、自分の手でインターネット通販を探した方が、安くなることもあります。うまく使っていきたいですよね。

 

また、「そんなに高いものは買えない」ということであれば、中古屋めぐりなどもいいでしょう。